r_DSC_5521.JPG.jpg

白内障の治療法

白内障の治療法とは

白内障の治療方法は外科手術

白内障はごく初期の白内障は点眼薬で進行を抑制することができる場合もありますが、一度濁った水晶体を元通りに戻すことはできません。治療は、濁った水晶体を砕いて取り出し代わりに眼内レンズを挿入するという外科手術により行います。視力の低下、以前よりも光が強く感じる、ものが二重に見えるなどの症状を改善するには手術が必要になります。基本的には日帰りの短い時間で手術を行うことができます。

札幌白内障

白内障手術について

濁った水晶体を取り除く手術

白内障の手術は濁った水晶体を専用の器具で取り除き、そこへ人工の眼内レンズを挿入する手術です。水晶体とはカメラでいうところのレンズの役割を果たす組織で、この水晶体と同じ役割を果たす人工の眼内レンズと入れ替えることで視力を取り戻すことができます。この眼内レンズにはさまざまな種類(単焦点眼内レンズ・多焦点眼内レンズ・乱視矯正多焦点眼内レンズなど)があり、ご自身の術後のライフスタイルに合った眼内レンズを選ぶことことができます。それぞれ効能が異なるため費用はもちろん手術後の生活をどのように送りたいかなどを医師と相談し、ご自身に合ったレンズ選びをおすすめします。

白内障手術は日帰り手術が可能です

現在では、技術の進歩に伴い手術時間の所要時間は大幅に短縮され、手術を受けられる方の体の負担もかなり少なくなりました。車椅子や基礎疾患のためにご家族による日々の送り迎えが必要な方、病院での全身管理が必要な方、手術のリスクが高く入院での手術が必要となる可能性のある方などを除き、日帰りでの白内障手術が主流となってきています。

白内障手術の所要時間は10分程度

症状が進行し過ぎていたり、併症を伴っている場合などによっては時間を要する場合もありますが、ほとんどの手術は10分程度で完了します。

白内障手術は痛みがほとんどない

点眼麻酔という目薬のように液体を眼に入れる方法で麻酔自体にも痛みはありません。また、手術自体も十分に麻酔をかけてから行うため痛みはほとんどありません。しかし例外として、手術中に眼をキョロキョロと大きく動かしてしまう場合に局所麻酔を使用することもあります。

白内障手術は年間140万件行われている

白内障手術は日本国内で最も行われている手術の一つと言われており、年間140万件以上行われています。白内障は誰でも加齢により発症するため患者数が多いことと、大規模な手術設備を持たないクリニックの設備でも十分手術が可能なことから、各地で手術が行われています。

札幌白内障

白内障の合併症

後発白内障

白内障手術の合併症のひとつです。白内障手術で取り除く水晶体は水晶体嚢(のう)という透明な袋に包まれています。この嚢の中に残っている水晶体の細胞が、後々増殖して水晶体嚢を濁らせることで視機能が低下しますことを後発白内障といいます。