r_DSC_5521.JPG.jpg

眼内レンズについて

白内障手術で使う眼内レンズ

眼内レンズにはさまざまな種類がある

挿入する眼内レンズの種類は様々あり、実現したい術後のライフスタイルに合わせてご自身で選択することができます。これまで多用されてきた近い距離か遠い距離のどちらか一方にピントが合う「単焦点眼内レンズ」だけでなく近年の開発により、近い距離にも遠い距離にもピントが合う「多焦点眼内レンズ」というレンズも増えました。更にその多焦点眼内レンズの中には、近距離と遠距離に加えて中間距離にもピントが合う「トリフォーカルレンズ」という新しい選択肢も増えています。

福地眼科 眼内レンズ 条件表 - シート1-1.jpg

単焦点眼内レンズ

人の眼は自力でピントを調整する機能が元々備わっていますが眼内レンズはその機能が無いため、日常生活でどこを見ることが多いかを考慮してレンズを選ぶ必要があります。単焦点眼内レンズは、近い距離か遠い距離のどちらか一方にピントを合わせられる眼内レンズです。遠方にピントを合わせると手元が見えにくくなり、逆に手元に合わせると遠方が見えにくくなります。見えにくい方の距離を見るためにはメガネでの補填が必要になります。例えば近い距離にピントを合わせた場合、図のように読書などの近い距離はメガネなしで楽しめますが遠い距離にあるテレビなどはぼやけて見えにくくなります。その場合、裸眼視力としては0.1程度になり日常生活にはメガネが欠かせませんが、手元だけはよく見えますので手芸など手元で行う細かい作業や読書などを重視する方に適していると言えます。

 

​多焦点眼内レンズ

多焦点眼内レンズは単焦点眼内レンズに対して、近い距離と遠い距離の両方がある程度見えるレンズです。単焦点眼内レンズは見えにくい距離を見るためにメガネの補助が必要ですが、多焦点眼内レンズはメガネを使わなくても約8~9割は日常生活が過ごせます。メガネをかけたくない方や、メガネなしでスポーツをしたい方に適しています。また、多焦点眼内レンズの一種であるトリフォーカル(三焦点)レンズは、近い距離と遠い距離に加え中間距離にもピントを合わせることができます。従来の多焦点眼内レンズはカーナビやパソコン、ピアノ演奏時の楽譜などの中間距離(約70cm程度)が見えにくいという弱点がありました。しかし、トリフォーカルレンズが開発されたことで中間距離にもピントが合うようになり、よりメガネに依存しない快適な見え方を実現することができるようになりました。

 
AdobeStock_399493189.jpeg

​多焦点眼内レンズの注意点

多焦点眼内レンズは単焦点眼内レンズに比べて、夜間や強い光を見た際に「ハロー」という光の周辺に輪がかかって見える現象や「グレア」という光が長く伸びてまぶしく見える現象が起きやすくなります。現在は眼内レンズにも多くの種類があり、それぞれに長所短所があります。夜間に運転することの多い方はその条件に合った眼内レンズを選択することをお勧め致します。

福岡白内障_グレアハロー無し.png

ハロー・グレア無し

福岡白内障_グレアハロー有り.png

​ハロー・グレア有り